さかな公団 ページタイトル画像

homeへのリンク about_usへのリンク

トップページライン

home > gallery > 003号室 スカーレット悲島


 001号室 明日のマコ  002号室 月に吠える  003号室 スカーレット悲島  004号室 宵の唇  005号室 白と黒の手紙

003号室 スカーレット悲島

四女野家は、その島に入ることを唯一許された一族だった。


  目隠ししているほうがよっぽど自由


スカーレット悲島画像1



彼らは朱ノ島(しゅのしま)周辺、二つの小島と陸に棲家を分け、

東島の春の宮、西島の秋の宮、

それらを見渡す陸地に配された夏の宮にそれぞれ神官として仕えていた。

朱ノ島に人は住んでいない。

神の使いと崇められる朱色の嘴(くちばし)を持った鳥と、

森の奥深くひとつの社があるだけだ。

そこには両目を失った姫女神が古くから祀られている。

これは、四女野家が朱ノ島で取り仕切る、年に一度の祭での出来事。

兄弟、いとこ同士で毎夜繰り返す目隠しの儀式。

その単調を破るように、二日目の朝、

ひとりが遺体で発見される。


殺人かもしれない。

誰もが血縁の犯行を頭によぎらせ、

次には忘れる努力をした。

できれば事故で。

できれば自殺で。

できれば他人で。

最悪、従兄弟なら。



裏切り、猜疑心、恐怖、嫉妬。

近しいからこそ抱いてしまう負の感情をストーリーに織り込み、

人間ドラマを微細に描く孤島ミステリー。

人間のダークサイドを小気味良いロック音楽のリズムに乗せて紡ぎだす、

さかな公団の新境地サスペンス。


スカーレット悲島画像2



<公演日程>


 ●北九州芸術劇場小劇場

   9月13日(土)14時/18時

   9月14日(日)13時/17時


<キャスト>


 内田ゆみ

 内山ナオミ

 木村健二

 寺田剛史

 宗像秀幸

 藤尾加代子

 葉山太司

 大畑佳子

 桑島寿彦


<スタッフ>


 作・演出:鵜飼秋子

 照明:岩田 守/(有)SAM

 音響: 杉山 聡

 美術・衣装:内山ナオミ

 舞台監督:有門正太郎/(株)エフジーエス

 情宣写真:鶴留一彦(KAZ TSURUDOME Photography)

 情宣美術:内山美和(デザインオフィスMOMO)

 企画・制作:さかな公団



▼写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。


003 フライヤー表 003 フライヤー裏


Copyright(C) 2006 さかな公団 All Right Reserved.